名刺を持ちたい

名刺を持ちたい

そろそろ名刺を持っておきたいです。

私は今度大学を卒業して、正式に社会人として生きていくので、これからは必ず必要になります。

入社先も正式に決まっているので、もう今から用意しておこうかなと思ってます。

名刺を作るにはどこに行けばいいのか、親に聞いたり、先輩に聞いたりしたのですが、注文するのが手っ取り早い気がしてきました。

自分が持つことになるなんて、少し前までは考えもしていなかったのですが、今回持つことになって、ああ、大人になったんだなあと、しみじみと思っています。

名刺を持つということに多少の重圧も感じていますが、社会人として会社で働くからには避けては通れないですよね。

名刺といえばスーツにネクタイですが、最近ではそういったイメージも無くなりつつあるようで、普通の普段着の人がポケットからスッと出したりするのをたまに見かけます。

その格好で仕事中らしいので、正直ちょっとうらやましいですね。

マナーの問題はありますが。

大企業ではなくて、個人レベルでの会社を興して運営している方なんかは、そういった方がいるようです。

親父の名刺

昔から名刺というものを不思議に思っていました。

父の名刺をくすねては、友達どうしで遊んだりしていましたが、名刺がそもそも何のためにあるのかわかっていませんでした。

しかしこの歳になって、やっと意味が分かってきました。

それと同時に無くては不便だなとも感じています。

今はメールがありますが、それでも初対面ではスッと差し出すだけで、自分の情報が相手に伝わるというのは、とても便利です。

今までは自分の世界だけで生きていましたが、これからは社会に出て、多くの人とつながりを持って生きていかないといけません。

その中では、やはり連絡先を把握しておくというのは、とても大事なことです。

私自身の名刺を作ることになって、そのことがよくわかりました。

自分の名前と連絡先まで書いてあるカードを、誰かに渡すというのは、少し恥ずかしいし、また勇気もいります。

名刺の注文

ですが、そのことを気にしていては、何も始まりません。

多くの人とつながりを持って、社会の中で生きていきたいですね。